西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

2010年3月の新着情報

   

2010年3月の新着情報をお送り致します。
今回のテーマは
借地権
です。

借地権(形が無いのに一番値段が高いの?)
竹田さんから電話があった。
竹田 「今度、地主さんから土地を買うことになったんですけど・・・」
税理士 「それは良かったですね。たしかお宅は借地でしたものね」
竹田 「そうなんです。家は兄のものになっていますが、土地は借りていたんです。それを地主さんが買ってくれないかと言うので承諾したんですが、住んでるものですから安くって良いと言うんです」
税理士 「そりゃあそうでしょう」
竹田 「五百萬円で良いと言うので、母とも相談して買うことに決めました。処が、兄が家を出てますでしょう。それで兄にも話しましたところ、建物の方もその中に兄から私に売ってくれることになりました。之ももう古い家なので五百萬円で良いというんです。そうすると両方で一千万円で買えることになるので随分安く手に入るんですけど、何だか之で良いのかしらと一寸不安になりましてね。あとで税金でも取られたら大変だと思って一応ご相談のお電話をしたんですが、どんなものでしょうか」
税理士 「成る程。お宅は北区の○○でしたね」
竹田 「そうです」
税理士 「お宅の家はもし住んでいないで買うとしたら土地付でどの位しますか?」
竹田 「安くても三千万円はするそうです」
税理士 「ははー、するとこれは来ますね」
竹田 「ええ?」
税理士 「税金です。お兄さんから贈与されたとして贈与税がかかりますね」
竹田 「あら、でも私、兄にはちゃんとした値段を払うんですよ。贈与してもらうんじゃありません」
税理士 「でも、それは建物の値段として払うんでしょう」
竹田 「そうですよ。建物を五百萬円、土地も五百萬円で買うんですから、全部お金を出して買ったことになるんじゃありませんか。貰ったものは無いと思うんですが」
税理士 「土地と建物のほかにもう一つあります」
竹田 「ええ?何ですかそれは」
税理士 「借地権です」
竹田 「だって、何も形が無いじゃありませんか」
税理士 「でもそれが一番値段が高いのです。お兄さんが家を建てるとき、地主さんに権利金を払っているでしょう。土地の値段の七割位です。それは土地の値上がりと一緒に相当高くなってると思いますよ。この代金をお兄さんに払わないと贈与されたことになります 」
竹田 「まあ、形も無いのに一番値段が高いなんて・・・」
土地の上に家が建っていると、財産は、土地、建物、土地の上にある権利即ち借地権の三つになる。竹田さんはこの中の一番高額の財産を見落としたわけであるが、財産の夫々について正しく評価して譲り受けておかないと、思わぬところで贈与されたとみなされてしまう。
 
「売上はお蔭様で伸びているんですよ。それなのにちっとも楽にならないんです。売上が伸びれば楽になる筈だと思っていたのに。どういうんでしょう」経理担当の奥さんからそんな相談を受けた。つまり「売れば売るほど苦しくなる」というのです。さてどんな事情があったのでしょう。
次回2010年5月 売上と資金の関係をごらん下さい。
西山隆税理士事務所