西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

2010年7月の新着情報

   

2010年7月の新情報をお送り致します
今回のテーマは
「修正申告、更正、決定、付帯税」
です。

修正申告、更正、決定、付帯税
社長 「友達のYが脱税して、それをみつかっちゃいましてね」
税理士 「それは大変だ」
社長 「税金が次々に来て『もうこりごりだ』と頭を抱えています」
税理士 「そうでしょう」
社長 「結局、修正申告ということになったんですが、こんな時、更正されるんじゃないんですね」
税理士 「ご自分でも脱税を認めて謝ったんでしょうから、前に出した確定申告を修正して出し直すということになったんでしょう。更正は税務署がする場合です」
社長 「あ、違うんですか」
税理士 「経費の見方で見解が分かれる時などは、税務署が経費にならないと言うが納得いかないから修正しないと納税者が主張した場合、税務署の方から更正して納税を要求します。こんな時には国税不服審判所に訴えて裁判になることもありますね」
社長 「へぇー、そうなんですか」
税理士 「確定申告していない場合などは税務署が『決定』するという制度もあります」
社長 「税金を間違えて多く払ったから減らしてくれと言う時はどうするんです」
税理士 「その時は税務署に『更正の請求』という手続きをします。正しいと認められれば減額の更正をしてくれます」
社長 「色々あるんですね」
税理士 「で、どの位の脱税だったんですか」
社長 「調査の時にほんの少額の現金売りが帳簿に洩れているのを指摘されたんですが、それがズルズルと引き出されて、結局300万円もの多額になりました」
税理士 「それじゃ税金も多くなりますね」
社長 「まあ、法人税の30%や消費税の5%は仕方ないとして、その他に延滞税やら重加算税やら次々と来て驚いています」
税理士 「それらは付帯税と言って馬鹿にならないんです」
 
友人のYさんは脱税が見つかって、延滞税や重加算税等の付帯税が次々に来て驚いているとのことです。一体これらの税金はどの位来たのでしょう。
次回、2010年9月“延滞税、加算税、延滞金、加算金” をご覧下さい。
西山隆税理士事務所