西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

税金なんか払えるか

Part1をお尋ね下さいまして有難うございました。

  「一と口診断」  
一と口診断
space
短期借入金とは1年以内に返済する金額です
よく経営分析で「流動比率」を出します。でも「流動比率」が正常だからと言って必ずしも安心して良いというものでもありません。T工業がそうでした。借入金が多く、2年前にも3千万円を新たに借りてこれで当分余裕を持てると思いましたが、又苦しくなってきました。「何
故なのか」という相談を受け調べてみると、短期借入金が1800万円あります。1年以内に返済する借入金 が1800万円もあっては3千万円は2年ともちません。借り入れ契約に問題があるのです。「流動比率」だけで安心はできません。

  「企業ドラマ」  
ここは或る税理士事務所。 応接室から、目白工事社長の目白が、勢い良く出てくる。
目白 「冗談じゃない。そんな税金が払えるか。こんなに毎月赤字で苦しんでいるのに利益が出ているから税金を払えだと。何が何だかわからない」
安田 「社長!だから、言ったでしょう。儲けとお金は別だって」
目白 「とにかく、又来る」
と言って出て行く。

税金なんか払えるか
所長 「どうしたんだ、安田君」
安田 「いや、目白工事の決算を纏めたんですが、今年は売上も多いし利益も出ているんで、税金も百万円位になると話したら、あのとうりなんですよ」
所長 「目白さん、資金繰りでは苦しんでいるからなあ」
space
目白工事の事務所
space
安田 「社長、確かに、毎月、赤字で苦しんでるのは、分ります。」
目白 「そうだろう。税金払う金なんか無いのは、君だって分ってるじゃないか。儲かっていりゃあ、お金だって、残る筈だ。それが、残ってないんだから、儲かってないってことじゃないか。」
安田 「只ね。儲けと、お金は、計算が違うんです。」
目白 「違う?どう違うんだ。」
安田 「儲けというのは、売上げから、材料代や工賃等の経費を引いた残りです。それを使わなければ、其の侭、お金で、残ります。」
目白 「そうだろう。それが残ってないんだ。」
安田 「それは、使っちゃったんですよ。」
目白 「使った?」
安田 「例えば、銀行に、借入金を、返済しているでしょう。」
目白 「そりゃあ、約束だから、仕方ないさ。」
安田 「つまり、一度、儲けて、残ったお金を、借金返済に、使ったんです。」
目白 「へえー、じゃ、一度は、儲けて、お金も、残ったってことか。」
安田 「そうです。返済だけじゃない。その他にも車のローン、定期積立金にも使ってます。」
目白 「ふーん。確かに使ったなあ。」
安田 「大体、売ったお金も、売掛金となって、翌月の集金でしょう。」
目白 「そりゃ、そうさ。」
安田 「掛けにしたってことは、売って、入ったお金を、お得意先に、貸したってことです。」
目白 「貸した積りはねえなあ。」
安田 「積りは、無くっても、貸した。つまり、貸したお金として使ったんです。」
目白 「そうか。使ったってことになるのか。」
安田 「そういう訳で、儲けたからって、お金が、其の侭残るとは、限りません。  いつも、お金は、動いてますからね。」
目白 「で、税金はどうなんだ。」
安田 「税金は、使う前の、儲けた段階で、計算されるんです。今期は、売上げも上がって、利益が出ているでしょう。利益で計算されるんです。」
目白 「その利益を使っちゃったから、税金のお金が無くなっちゃったってことか。」
安田 「そういうことです。」
space
と言うわけで、目白社長もやっと分かってくれたようである。勘定合ってゼニ足らず。 次のお話に移ります。之もお金の話です。

カギは15年前に
鈴木 「先生!おかしいじゃないですか。どうしてこうなるんです。納得いきません。説明して下さい。」
企業診断
鈴木社長は、いかにも苛立たしいように、机を叩いて、こう言った。
診断
税理士 「たしかに、売上げは落ちましたが、毎期利益は挙げていますしね。」
鈴木 「そうですよ。経費削減には、大変な思いをしています。」
税理士 「銀行の、借金返済も、ムリをしているわけじゃないし。」
鈴木 「先生が、減価償却費と、利益の半分以内で、返済しろというんで、チャンと守ってます。」
税理士 「それに、在庫も、よく此処まで、へらしましたね。」
鈴木 「皆に、厳しく言ってます。余計な仕入れをするな。在庫をへらせって。それが、売上げの減少になったかもしれないですが、儲けが皆、在庫だったなんて、何をやってるのか、分りませんものね」
税理士 「普通の企業なら、これだけ手を打っていれば、決して、資金不足にはなりません」
鈴木 「それが、毎年、資金が無くなってゆくんです。一体、経営の、何所がまずいんですか。」
税理士
さあ、鈴木社長の疑問は益々深まってゆくようです。この続きは次のPart2をご覧下さい。
新宿
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所