西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

カギは15年前に

Part2をお尋ね下さいまして有難うございました。

  「一と口診断」  
一と口診断
space
定期預金は個人サイドで
貸借対照表の流動資産のなかで、現預金という勘定科目がありますが、中味を調べてみますと定期預金や定期積立金が入っている場合 があります。之はいつでも使えるお金ではありません。手許資金を見るときに大事なのは、いつでも使えるお金がどれだけあるか
ということで、定期性預金は除いて考えないと判断を誤ってしまいます。流動比率は良好となっていてもそのまま信用するわけにはまいりません。 定期預金などは余裕のお金として個人サイドで預けるものでしょう。

  「企業ドラマ」  
さて、前回「カギは15年前に」のお話を致しました。その後どの様に展開していったでしょう。お話を続けます。

カギは15年前に
税理士 「これは、別の要素があると考えなければいけません」
鈴木 「別の要素?何ですか、それは」
税理士 「まあ、一と口では言えません」
鈴木 「・・・・・」
税理士 「社長、一度、15年前を振り返って見ましょう」
鈴木 「15年前? 何で今更・・・」
税理士 「そこに、カギがあるような気がします」
鈴木 「15年前と言うと、今とは逆で、どんどん売上が伸びていましたなあ」
space
(十五年前に遡った、或る日)
space
鈴木 「先生、得意先のオゴー百貨店が、又、柏市に店を出すそうです」
税理士 「それはすごい。オゴーが店を出す度に、お宅も、売上げを伸ばしてきましたからね。今度は、どの位の規模で、売上増ですか」
鈴木 「まあ、少なく見積もって、年間六千万円位でしょうか」
税理士 「いよいよ、年商十億円の大台ですね」
鈴木 「それで、そろそろ、本社の建物を購入しようかと、考えているんです」
税理士 「いいでしょうね。お宅は、売上げの伸びにつれて、何倍も、資金に余裕が出来るんですものね」
鈴木 「そうなんですよ。不思議ですね。悪いことじゃないんだけれど」
税理士 「いや、不思議じゃありません。そういう計算なんです」
鈴木 「どうしてですか」
税理士 「売上代金は、全部、手形ですが、銀行では、いつでも割り引いて、現金化できるでしょう。処が、仕入れ代金が、ずっと先の支払いなんです。支払手形のサイドが、随分永いですものね」
鈴木 「この、和陶器業界のしきたりで、六ヶ月手形です。盆暮れの支払いという考えが残っているんです」
税理士 「つまり、入金は、現金と同じだが、支払いは、半年先ということでしょう」
鈴木 「まあ、そうです」
税理士 「売上げが伸びて、仕入れがふえるにつれて、仕入先からの借金がふえる。それがみんな現金で残る、という仕組みなんです」
鈴木 「ははー、それで現金が、余ってくるという訳ですか」
税理士 「その現金を、活用しようというんですから、悪い話ではないですね」
鈴木 「オゴーじゃ、これから、まだまだ、店舗拡張の計画が、ある様です」
税理士 「それじゃ、当分、資金に余裕が出来ることはあっても、資金不足で、行き詰まるということは、ありませんね」
鈴木 「本社の建物といっても、そんなに大きなものを考えているわけじゃありません。ただ、家賃が、結構嵩むので、経費節約になりますからね」
税理士 「社長、只、これだけは、認識しといて下さいね」
鈴木 「何ですか?」
税理士 「今は、売上げが伸びているし、これからも、当分、伸びる様ですが、この資金の余裕というのは、あくまでも、借金ですから、いずれは、返さなければならないということです。もし、売上げが、下がったときには、この仕組みは、逆に働きますから、余裕は、資金繰りの悪化に変わります」
鈴木 「成る程、理屈はそうかもしれないですが、当分は考えられないことですから・・」
税理士 「まあ、今の調子では、実感は湧かないでしょうが、忘れてはならないことです」
鈴木 「わかりました。とにかく本社の建物は、購入しようと思います」

space
15年前は、現在と違って随分景気が良かったようです。でもその中にどんなカギがあったのでしょう。この続きは次のPart3続・カギは15年前にをご覧下さい。
space
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所