西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

続・カギは15年前に

Part3をお尋ね下さいまして有難うございました。

  「一と口診断」  
一と口診断

投下資金は売上に反映しているか
1000万円の商品をお店に並べて500万円売れたとします。それが、次の月には1000万円売れました。と言うことは、次の月には1000万円の商品がすぐに売れて、売上に反映したということです。之を回転率が良くなったと言います。機械(固定資産)を買うときも
同じです。機械に投下したお金が売上増加に効率良く反映しなければ利益にはつながりません。売上増進への反映―回転率の好転、そのことをいつも頭に入れて資金を投下する必要があります。

  「企業ドラマ」  
さて、ドラマの続きですが、お話は現在に戻ります。

続・カギは15年前に
税理士 「社長、こんなやりとりがあったんですが、覚えていますか」
鈴木 「うーん、そう言えば、思い出しますな」
税理士 「最近の、売上げの落ち込みは、当時と比べると、大変なものです。年商七億円迄下がりました」
鈴木 「たしかに、オゴー自体が落ち込んでるんですから、仕方ありません」
税理士 「然し、本当は、売上げの減少に比例して、仕入先からの借金も、減ってゆくわけですが、支払手形や買掛金の残高は、それ以上に、極端に、減っていますね」
鈴木 「いやー、手形サイドも、昔の様に、六ヶ月とはいかなくなったんです。と言うより、昔の仕入先からの商品だけでは、勝負にならないので、新しい所から仕入れますから、今では、四ヶ月手形です」
税理士 「競争が、激しいですからね。当然かもしれない」
鈴木 「それだけじゃなく、時には、現金でも仕入れています」
税理士 「そうですか。じゃあ、仕入先の借金が、急減するわけだ」
鈴木 「でも、こればかりは、支払手形の期日が来て、落とす度に、自然に、借金返済になるんですから、操作するわけにも行きませんね」
税理士 「そうですね。仕入先からの借金の減少は、金額にして、二億円近いですよ。少々の利益や在庫を減らしただけでは、到底追いつきません」
鈴木 「それが、資金不足の、原因ですか」
税理士 「そういうわけです。正に、あの時の、逆現象が、起こってきたんだ。やっぱりカギは、十五年前にあったんです」
鈴木 「いやー、一体、どうしたらいいんでしょう」
税理士 「一と口で言えば、お金をできるだけ集めて、出て行くお金を、極力抑えることです」
鈴木 「例えば、どんなふうにですか」
税理士 「これからは、仕入れ債務を、減らさない様にすることですね。出来れば、現金買いは、控えたいです。なるべく掛けで買うようにして」
鈴木 「そうですか」
税理士 「手形サイドも、これ以上、短くしない方がいいです」
鈴木 「良い商品を集めるには、厳しいですが、何とか、やってみます。そうすれば、資金不足は、解決しますか」
税理士 「いや、既に、資金は不足しています。基本的には、資本を増やすことですが、増資と、利益の増加ですから、急に、大きな金額は望めません。取りあえず、銀行借入れを、増やす必要がありますね」
鈴木 「わかりました。増資、利益の増加、銀行借入れ、仕入れ債務、在庫、と、総合的な対策が、必要ということですね。何とか、頑張ってみます」
鈴木社長も、やっと、合点が行ったようである。

と、ここで話は終わっています。
変化の激しい今の時代には、こんな話も実際に起こっています。

さあ、次は少し話題を変えて「税務調査」のお話を致しましょう。

税務署は何もかも知っていた
藤川 「(歩きながら)でも、所長、おかしいですね。加藤商会のような、あんな小さな企業に、特別国税調査官、直々に調査に来るなんて」
所長(税理士) 「そうだな。加藤さんは毎月、キチンと、月次決算もやってるのにな」
   

どうやら、税理士にも合点の行かない調査が始まるようです。
税務署は何もかも知っていた一体、どんなことが起こるのでしょう。
Part4でお話致します。
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所