西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

税務署は何もかも知っていた

Part4をお尋ね下さいまして有難うございました。

  「一と口診断」  
一と口診断

借入金は利益金から返済する
借入金はどのお金から返済するのでしょう。それは利益金から返済します。
当期利益の半分(あとの半分は納税資金)と減価償却費の合計が返済の原資です。ですから利益の挙がらない場合は返済の資金がありません。
仕方なく運転資金から返すことになり、資金繰りを悪くします。企業の中にはこの基本を忘れて返済期間を約束してしまうところが少なくありません。大抵、金融機関から返済期間を決められてその侭承諾してしまうのです。その為いつまでたっても資金繰りは良くなりません。これからは金融機関も"担保の土地があればすぐに貸す"というのではなく、経営の内容によって貸す時代に入りましたから基本を無視できなくなりました。

  「企業ドラマ」  
さて、それではPart3のドラマの続きをお話致しましょう。

税務署は何もかも知っていた
加藤商会の応接室
社長の加藤が、○○税務署の調査官に、会社の概要を説明している。
調査官 「そうですか。分かりました。処で、単刀直入にいきましょう。社長、H銀行の通帳を出して下さい。」
所長(税理士) (頭の中で、記憶を辿ってみる『そんな銀行の口座は、無かったぞ』)
(加藤の顔に、サッと緊張が走る。)
所長 (『えっ、有るの?』)
加藤、やおら、立ち上がって、応接室を出て、事務室の方へ歩き出す。
その後を、調査官がついてゆく。所長も立ち上がる。
調査官 (ニヤッと笑って、所長に耳うちして)「有るんですよ、先生。」
所長 (『冗談じゃない。あんなに、チャンとやっていたのに』)
加藤 (事務所のあちこちを、ウロウロしていたが、奥さんに向かって)
「おい、何所に、しまったっけ。」
奥さんが、渋々、机の底から、一冊の通帳を、取り出した。
まさしく、有限会社加藤商会の通帳だ。
調査官 「それ、全部、コピーして下さい。」
加藤 「分かりました。」
加藤、奥の方から、分厚い綴りを持ってくる。
加藤 「何もかも、分かっているんでしょう。みんな出しますよ。」
と、言いながら、綴りの束を、机の上に投げ出す。
所長 (『なんだ。請求書の綴りだ。振込先も、H銀行と書いてある。いつもの、見慣れたのと、違うじゃないか。』)
調査官 「じゃ、今日は、これで、調査を終わります。先生、五年間の、修正申告となります。計算は、私の方で出しますから、電話したら、きて下さい。」
調査官、帰ってゆく。
加藤 「先生、御迷惑をかけて、申し訳ありません。いや、親父から、仕事を引き継いだときから、やっていたもので、早く止めなければと、思いつつ、此処まで来てしまったのです。」
所長、藤川、加藤商会を出る。
藤川 「いやあ、参ったなあ。加藤さんが、あんなことをしてるなんて。知らなかったのは、うちだけじゃないですか。」
所長 「資料箋が、回ってたんだ。取引先が、税務署に言われて、取引の内容を、資料箋で、細かく報告してるのを、加藤さんは知らなかったんだ。あの請求書には、恐れ入った。振込先まで指定してあるじゃないか。」
藤川 「加藤社長は、資料箋というものがあること、全く知らないんですね。説明しとかなくっちゃあ。」
所長 「五年間、遡るとなると、地方税もあるし、重加算税、延滞税などで、結局、脱税した額の殆どが、税金になってしまうな。」
藤川 「何も、脱税しなくったっていいのに。社長の役員報酬だって、もっと上げたいところだったんだから。」
いやいや、大変な税務調査になってしまいました。

尚、文中の"資料箋"とは次のようなものです。
資料箋 ― 毎年、取引の多い企業に、税務署から資料箋提出の依頼が来る。 売上、仕入れ、外注、経費を、夫々取引の相手先、支払日、金額、支払内容、 振込先等、詳細に報告することになっており、その資料箋は、取引先の管轄税務署に回送されて、調査の際の参考にされている。

次のお話に移りましょう。売上が落ちてしまった喫茶店のお話です。

サマ変わりした喫茶店
所長 「藤川君、喫茶店のドンキーは、この近くだったね。その後、どうしたかな」
藤川 「はあ、経営者が変わりましてから、やっぱり、売上が落ちました」
所長 「そうか。寄ってみよう」

何か、経営者が変わって売上が落ちたと言っています。どうしたのでしょう。
この続きはPart5 サマ変わりした喫茶店 でお話致しましょう。
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所