西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

サマ変わりした喫茶店

Part5をお尋ね下さいまして有難うございました。

  「一と口診断」  
一と口診断

糖尿病にならないように
月商200万円程の小さな化粧品屋さんである。
「社長、最近何だか商品が増えたような気がしますが・・・」
「そうですか。自分では分からないですが。そう言えばS社のセールスが新しい商品が出来たと言っては

置いてくれって納品してゆくんですよ」
「一度、在庫を調べた方がいいですよ。棚が商品でギッシリですもの」
半月程たって行って見ると
「やっぱり随分増えていました。1000万円も有りました」
「そんなに!私も同業者の平均を調べて見ましたが、普通は月商の2.5ヶ月分位ですね。支払にも追われるんじゃありませんか?」
「買掛金が払っても払っても増えます」
「お宅は日ゼニが入るご商売だから現金にも余裕があっていいんですが、どうですか」
「いつもギリギリです」
「同業者は資金残が月商の1.7ヶ月分位有りますよ。大分差があります。すべて在庫のせいですね」
「そうですか。早速何とかします」
次の月に行って見ると
「S社のセールスに掛け合いましてね、大量に返品しました。500万円程引き取らせましたよ」
結局在庫の半分は贅肉だったのだ。それが無くても売上には影響がなかった。
陶器問屋のK商店でも在庫は悩みの種であった。5000万円の月商だったが
1憶2000万円の在庫が有ってなかなか減らなかった。
「実際に動いているのはセイゼイ3000万円の商品ですよ。あとはデッドストックも含めて余分だと思います」
と 社長のKさんは言う。
「社長、多少売上が減少しても良い積もりで思いきって減らしてはどうですか。資金繰りを随分圧迫しています」
そしてバーゲンやら色々対策を講じて1年後にとうとう4000万円まで圧縮することが出来た。余分の在庫は贅肉のようなもので糖尿病に罹っているのと同じである。小売業や卸売業に多い。適性在庫を心掛ける必要があります。


  「企業ドラマ」  

前回、サマ変わりした喫茶店 のお話を予告致しました。
さあ、どんなことだったのでしょう。

サマ変わりした喫茶店

喫茶店、ドンキーへ 所長と藤川の二人入る。
山口 (ドンキーのマダム)「まあ、先生、いらっしゃいまし。」
所長 「しばらくでした。近くへ来たので、お寄りしました。」
三人、席へ、座る。
所長 「その後、どうですか。」
山口 「あまり、大したことはありませんね。大体、お客の入りが、少ないんです。」
所長 「私も、売上げが、減っているんで、気になっていたんです。」
藤川

「山口さんは、前の経営者の一木さんが、結構、儲かるというので、
権利を買ったのに、一木さんが言った程、売れないじゃないか。
本当に、そんなに、売れていたのかと言うんです。」

所長 「いや、それは、本当に売れていたんです。私も、帳簿を見ていたから知っています。だが、確かに、最近は、売上げが落ちていますね。」
山口 「そうなんです。どうして、前ほどに、売れないんでしょうね。」
所長 「まあ、景気の良くないせいもあるでしょうね。」
二人、店を出る。
所長 「藤川君、分ったかい。」
藤川 「え?何がですか。」
所長 「売上げの、落ちた理由さ。」
藤川 「やっぱり、理由がありますか?」
所長 「大有りだ。すっかりサマ変りだよ。」
(前の、一木が、経営していた頃を思い出す)
所長 「前は、一木さん自身が、男前の、青年経営者だったろう。
そこへ、ウエイトレスは、みんな、二十歳前後の、お嬢さん方ばかりだった。お客さんは、近くの、大学や、高校の、学生、生徒で一杯だったじゃないか。今は、どうだ。大体、山口さんが、いわゆるオバちゃんだ。店員も、パートのおばさん達。これじゃ、お客も、若い人達は、寄り付かない。
他のお店に、取られたんだよ。」
藤川 「お店のムードが、一変してしまった。と、いう訳ですね。」
所長 「喫茶店などは、売る品物よりも、ムードが一番大切だ。
あのままじゃ、永続きしないね。」   
藤川

「と、言って、『山口さん、オバちゃんのあなたでは、駄目です』
とも、言えませんしね。」   

所長 「何とか、アドバイス出来ればなあ。」
   
これは大変です。マダムの山口さんにとっては致命的です。結局、その後ドンキーは店を閉めてしまいました。経営には色々の要素が必要ですね。
   
さて、次は建設業関係のお話です。
 
リベートを要求されて
安田 (電話の受話器を取って)「はい、安田です。ええっ、又、言ってきたんですか」
梅田 (受話器の向こうから)「そうなんです。それで、早急にご相談したいんですが」
安田 「わかりました。じゃ、これからすぐ行きます」

何の相談なのでしょう。次のPart6でお話いたします。
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所