西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

支店を沢山持ったが

Part9をお尋ね下さいまして有難うございました。今回は新たな情報をお送り致します。

  「一と口情報」  
一と口情報

有限会社が無くなっちゃう?
「有限会社が無くなっちゃうって、本当ですか?」
「ええ、新しく会社法という法律が出来まして、株式会社に一本化されました」
「そうすると、うち有限会社なんですけど、どうなっちゃうんでしょう」
「それは大丈夫です。別に法律が出来まして、今までの有限会社は特例有限会社となって、其の侭で良いことになりました」
「よかったぁ。これでも資本金300万円かき集めて、やっと作った会社ですからね」
「ああ、その資本金ですが、これからは1円でも良いのです」
「1円?たった1円でトヨタやソニーと同じ会社になるんですか」
「勿論そこは区別します。資本金が5億円未満の中小会社は株式譲渡制限会社(株式を譲渡するときは会社の承認が必要だと定款に決めてある会社)にしておけば、有限会社と同じように色々の面で手続きや組織を簡単にすることができます」
「じゃ、会社設立のやり方なんかも変わりましたか」
「ええ、資本金は幾らでも良いし、類似商号のきまりも無くなりましたから」
「成る程。そうするとこれからはどんな小さな会社でも、みんな株式会社なんだ。有限会社のままだと何か見劣りがしますね」
「新たには作れませんから、有限会社はだんだん少なくなりますね」
「営業するときなんか不利ですね。有限会社を株式会社にすることは出来ますか」
「出来ますよ。定款を変更して登記すればいいのです。まあ変更するかどうかは、今後のビジョンに合わせて、よく考えて決めて下さい」

この会社法は平成18年5月1日から施行になりました。それで今まで必要だった登記がやらなくてよくなったり、反対に、知らないと法律違反になったりすることがありますので、一度ポイントだけでも調べておくことをお勧め致します。


  「企業ドラマ」  

では、お鮨屋さんの話を致しましょう。実はうまくゆきませんでした。
何故うまくゆかなかったのでしょう。お話を進めます。

支店を沢山持ったが

お鮨屋を経営している管さんの夢は、支店を沢山持つことであった。
「十五店ぐらい持ちたいですね」
管さんは、朝早く起きてセッセと働き、小金を貯めながらその時期を待った。Eデパートのテナントに入ることが出来たのを機に、有限会社を設立し、一店ずつ支店を作った。主に、客の獲得の容易なデパートやスーパーのテナントとして出店していったので、テナントとなる為に、紹介を受けながら人脈を辿ってゆくのもなかなか苦労のいることであった。こうして十店舗を作った。お鮨屋と言っても、握ったお鮨を店内で食べて貰うのではなく、パックに詰めて小売をするお店である。朝早く、仕入れてきたマグロを管さんが"オロス"と十店に手早く配達する。各店では、店長がそれを一切れずつ切って握り、パックに詰めて店頭に並べる、という手順である。お店を借りると、開店までに先ず造作をしなければならない。冷蔵庫やショーケース等を揃えると、一店舗三百万円はかかった。店長も雇わなければならない。採用するのはお鮨の板前さんで給料も高い。家賃もなかなか安くはない。どのお店も相当の売り上げを上げないと採算がとれなかった。店長が板前さんなので、"経営"よりも"良いお鮨を作る"ことに一生懸命であった。切り身も薄い貧弱なものは切れない。材料費率がどうしても高くなった。朝の内に予定の数量を作って店頭に並べると、今度は販売員となるが、本来が職人さんなので、店の前を通るお客に呼び声をかけるのは不得手である。閉店時刻になってその日に用意した商品が売れ残ることもシバシバであった。低い売上高に高い材料費率、人件費、家賃。どのお店もなかなか利益を出す迄にならなかった。「社長!これは、全部のお店を社長自身が管理してゆかないと大変ですよ。」各店別の損益で、毎月赤字が並ぶのを見て、そう注意を促したが、実際に改善するとなると難しいようであった。先ず店長の教育から始めなければならない。「売り上げ目標を達成しろ」「材料費率を下げろ」と言っても、板前店長の意識がそう急に変わるわけもなかった。
「おらぁ、板前だ。売り子じゃねえよ」
と言って辞める店長も出て、管さんは、赤字の大きい支店から閉鎖せざるを得ず、徐々に撤退した。造作にかけたお金は全額損失になった。支店を出す為にセッセと貯めた資金は使い果たして、今、管さんは本店だけを残し、新たな出発をすることにした。
「支店を出すだけが良いとは言えませんね。確実に儲けてゆかなければ何にもなりません。お店を出せば儲かるものと思っていましたが、なかなか難しいものです」
支店を経営するには、売り上げから利益までの目標を立て、着実に管理してゆかないと行き詰まる、ということである。

 

次は、共同経営のお話です。ここにも難しい問題が潜んでいました。
Part10共同経営の破綻でご紹介致します。

尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所