西山税理士事務所

ビジネスのことなら西山税理士事務所 お問い合わせ・ご相談無料
HOME 西山隆税理士事務所
西山隆税理士事務所
索引用語集 西山隆税理士事務所

事業を始めるには A会社設立
事業を始めるには @企業の独立
工事台帳の効果
医療費控除
延滞税、加算税、延滞金、加算金
修正申告、更正、決定、付帯税
売上と資金の関係(売上を伸ばすにはお金が要る)
借地権(形が無いのに一番高い)
粗利益(売上総利益)
劇「脱税」修正申告
劇「脱税」経費率
劇「脱税」売上計上洩れ
劇「脱税」裏取引
劇「脱税」反面調査
総資本経常利益率
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」A
集めたお金 使ったお金 資金調達と運用」@
基幹産業
電子申告
経営比率
短期借入金 税金なんか払えるか
定期性預金 カギは15年前に
資産の回転率 続・カギは15年前に
借入金は利益から返済 税務署は何もかも知っていた
資金はどれだけ必要か サマ変わりした喫茶店
在庫 リベートを要求されて
固定長期適合率 引き継いだ会社は蟻地獄だった
利益 続・引き継いだ会社は蟻地獄だった
有限会社が無くなる 支店を沢山持ったが
給与所得控除に課税 共同経営の破綻
定款変更 続、共同経営の破綻
キャッシュフロー計算書 領収書だけでは証拠にならない
労働分配率 例えは悪いが「税金はエサ」ですね
損益分岐点 モーツアルトのソフトなメロディー
新宿区 西山隆税理士事務所

共同経営の破綻

Part10へのご来訪有難うございます。今回も新たな情報をお届け致します。

  「一と口情報」  
一と口情報

給与所得控除に税金がかかる
「来期から給与所得控除に税金がかかります」
「え! な、何ですか、それ?」
「例えば、社長の給料は月120万円、年間1440万円でしょう?」
「そうです」
「そこから給与所得控除として年間242万円引いて1198万円に源泉税がかかってますね」
「そうですよ」
「その242万円の給与所得控除を会社の利益に加えて、法人税を払えと言うんです」
「じょ、冗談じゃないですよ。会社の利益と関係無いじゃありませんか」
「いや、之はなんとなく前から言われてはいたんですが、不公平だと」
「何が不公平なんですか」
「つまり、個人だと月給の年1440万円は事業所得となって丸々所得税がかかっていたでしょう」
「そりゃそうです」
「個人事業だと丸々課税されるのに会社の給料になると給与所得控除の分だけ税金が安くなるのは不公平だと言うんです」
「だって、そりゃあ仕方ないでしょう。個人事業だと事業所得ですが会社の給料だと給与所得となって全然性質が違うんですから」
「でも、会社にすると税金が安くなるって会社にした人が結構居たんですよ」
「ん、まあ、私の仲間にもそう言ってたのが居ますがね。でも、私のところは違いますよ。F百貨店のテナントとして入るには会社でないと駄目なんで会社作ったんですからね。資本金を集めるのや名前を決めるのに随分苦労もしましたよ」
「処が、今度会社法が出来て資本金は幾らでもいいし名前も類似商号なんて無くなりましたからね。そうすると、それこそ税金を安くする為に会社を作る人が益々多くなって、小さな会社が沢山出来ると言うんです」
「納得できないなあ。しかも、いきなりじゃないですか」
「そうなんです。それに儲からない会社は課税しないんです。3年間の社長給料を含めた利益の平均が1600万円を超えるとかかるんです」
「すると、私の会社じゃ私の給料が年1440万円で大体300万円位の利益ですから合わせて1740万円となって1600万円を超えますね」
「持ち株も社長と奥さんで90%以上ですから確実に課税ですね。給与所得控除が 242万円で之が300万円の利益に加わると課税所得が542万円となって地方税を含めると約110万円の増税になります」
「うわー大変だ。そんなお金どっから出すんです」
「そう。その分の納税原資はありませんからね。これでも私達税理士会が厳重抗議したのでやや緩和された方なんですが全部撤回するように今も尚働きかけています。でもとにかく決まってしまったので対策を考えなければいけません」
「何か方法がありますか」
「之は、株式の90%以上を社長と奥さんで持っていることが適用の要件になっていますから社長と奥さんの持ち株を減らせばいいんです。誰か親族以外の方に株を10%以上買って貰うしかありません」
「分かりました。早速そのようにしましょう」

突然の税制改正である。多くの矛盾を抱えながらとにかく強引に決められてしまった。 しかも中小企業にとっては結構高額な増税となる。対策を考える必要があると思います。

  「企業ドラマ」  

では、共同経営の破綻のお話を致しましょう。

共同経営の破綻

昔、「我等の仲間」というフランス映画が、評判になった。
五人の若者が、一緒に買った富くじが当たって、大金が転がり込む。
大喜びの若者達は、これで、共同の店を持とうと考え、建物を建て始めた。
処が、建築中に、屋根から落ちて死んだり、国外追放される者が出たりで、 一人、又、一人と脱落し、最後に残った二人の間で、女性を巡って、 トラブルとなり、殺人事件まで起して、結局、仲間の夢は、消えてしまった。
幾つか、共同経営の例を見てきたが、なかなか、うまくいかないものだ。
明治製作所の場合も、そうだった。
C電子工業の取締役であった大正さんが、C電子工業の下請工場として 独立する為に退職し、昭和さんに、話を持ちかけた。
C電子工業との つながりは、確かだし、大正さんが、一千万円の資金を用意していると 言う。 それではと、昭和さんは、自分の土地と建物を、提供することに なった。 工場そのものを作るのは、これも、大正さんの勧めに応じて 加わった、電気技術者の、平成さんである。 平成さんは、工場建設の為に 夜、遅くまで、設計や、機械の取り付けで、工場に残っていた。
こうして、会社を設立し、C電子工業から、下請けの仕事が、大量に 入ってきて、工場は、動き出した。
何分、精密な部品の組み立てだけに、クレームがついたり、軌道に 乗るまでには、時間もかかったが、一応、採算点迄、こぎ付けた。 だが、 儲けを出すには、今、一歩である。三人の役員報酬も、予定通りには、 支払われていない。 もう少し、充分な利益を挙げるには、どうしたら 良いか。 その頃から、三人の意見が分かれた。こんな時、三人という 組み合わせは、特に良くない。 大正さんは、昭和さんに、平成さんの 悪口を、一方、平成さんには、昭和さんの悪口を、又、昭和さんは、 平成さんに、大正さんのやり方が悪いと言う。 という具合に、批判が 始まり、とうとう、大正さんと昭和さんが組んで、平成さんを、 追い出してしまった。 その後、大正さんと、昭和さんの間でも、意見の 相違が絶えず、ある時、大正さんが、新たな出資者、慶応さんを 連れて来て、昭和さんと話し合い、昭和さんも、経営から、手を 引いてしまった。 結局、最後には、慶応さんの言いなりになって、 共同経営は終わった。
それから、数ヶ月して、ある夜、工場から出火し、全焼して、工場は 灰燼と帰してしまった。 大正さんの一千万円も、夢と消えた。
又、確信工業の例もある。

 

夢を持ってスタートした共同経営でしたが、なかなかうまくゆかないものですね。
確信工業でも同じような例があると言います。さあ、どんなことだったのでしょう。
Part11続、共同経営の破綻でご紹介致します。

 
尚、このホームページにご意見ご感想がございましたらFAXでお寄せ下さい。
その際、ご職業も明記頂けましたら、幸いです。
西山隆税理士事務所